プラスチック加工において、金型の役割はきわめて重要です。
金型は、それ自体が最終的な製品ではありませんが、その設計技術がプラスチック製品の完成度を決定づけるといっても過言ではありません。必要な要件を満たした原料であっても、金型にスムーズに、均一に流れなければムラができ、設計通りの性能を発揮できなくなってしまいます。そのため金型を設計する際には、金型だけでなく、それが最終的にどのような影響を及ぼすのか、成形や品質管理も含めた幅広い技術とノウハウが求められます。大下産業は、グループ内に金型工場を保有する、業界でも非常に希有な存在です。三次元CADシステムや放電加工機などの充実した設備を揃えており、高精度な金型生産が可能。金型と成形の両工程を一元管理し、お互いの現場からの的確なフィードバックをスピーディに反映することで、品質の向上とコストの最適化を実現しています。また、近年関心の高まるセキュリティ面でも、外部の会社を経由しないことで、機密情報が流出するリスクを軽減できるメリットも生まれます。

想像力
3パーツを1パーツへ、大下産業のこだわりは、オーダーを超える。
もっと人にやさしい街づくりを。不可能の壁を超えた比類なき発想力。
スポーツの楽しみを、すべての世代へ。お客様とともに、一歩先行く製品を創造。
わずかなミスも許されない医療分野。透析患者に届けた、安心・簡単という価値。
製品分野
家庭用品
医療器具部品
自動車部品
建築・土木関連品
スポーツ用品
輸送機器部品
食品容器類
文具・教材関連品
リサイクル・廃棄物関連品
生産体制
品質とコストを両立する多彩な生産システム。
金型工場を保有し、一貫した生産体制を実現。
アジアの拠点、インドネシア工場。
大下産業の生産システム・ラインナップ
基本フローチャート
品質管理
ミスを出さない。ミスを逃がさない。
効率と価値を高める、工場完結型のモノづくり。
会社概要
会社概要
組織図
沿革
関連会社
ブレーンズ・ハウス
広島可部パークゴルフクラブ
ギャラリー
ギャラリー