大下産業は、夢を追い続ける者たちの集団です。
人に喜んでもらいたい。
社会に貢献できる仕事がしたい。
技術者としての高みを目指したい。
そんな社員それぞれが抱える熱い想いを、無限の可能性を秘めるプラスチックに託し、日々、新たなイノベーションを繰り返しています。
大下産業は、プラスチックの国産化がようやく始まろうとしていた昭和31年、この先進の素材にいちはやく着目。プラスチックの未来を自らの手で切り拓くべく、飽くなき挑戦の道を歩み始めました。以来、目まぐるしく進歩を遂げるプラスチック成形の世界において、圧倒的な技術力と提案力を武器に活躍の領域を広げ、さまざまな業界のお客様から高い信頼をいただける企業となりました。さらに上へ、もっと前へと私たちを駆り立てる夢や情熱が新たなテクノロジーを生み、それらがまた、人や社会の夢をかなえていく。
力強く次代を見据える大下産業のダイナミックな進化は、いつまでも止むことはありません。今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 大下 俊明

商号 大下産業株式会社
事業所 本社・工場
〒731-0138 広島市安佐南区祇園1丁目12番13号
TEL 082-871-1111(代)FAX 082-875-5555
URL http://www.osimo.co.jp
東京営業所
〒101-0038 東京都千代田区神田美倉町11
フマキラービル6F
TEL 03-3258-5555(代)FAX 03-3258-5525
工業用地及建物 用地7,870㎡ 建物 延7,500㎡
創立 昭和22年11月29日
資本金 1億7,500万円 株主数170名
取引銀行 みずほ銀行広島支店・広島銀行祇園支店
三菱東京UFJ銀行広島支店
中国銀行広島支店・もみじ銀行広島本店
役員
代表取締役社長
大下 俊明
常務取締役
柘植 義勝
取締役
菅 聖一郎
(PT.OSIMO INDONESIA社長)
取締役工場長
隅谷 充壮
取締役営業部長
藤田 利彦
取締役
大下 一明
取締役
大下 宜生
監査役
山口 武夫
監査役
大下 延市郎
監査役
川本 民雄
主なる得意先 フマキラー株式会社、西川ゴム工業株式会社
株式会社ジェイ・エム・エス、JR
三井化学産資株式会社 他41社
主なる仕入先 三井物産株式会社
三菱商事プラスチック株式会社
三光株式会社 他34社
関連会社
http://www.fumakilla.co.jp/
「日用品質」をスローガンに、"ベープ"をはじめとする殺虫剤、園芸用品、家庭用品、業務用品の分野でグローバルな活動を展開している。
子会社


昭和22年 大下高明が広島市祇園町に大下商事株式会社を創立。
昭和31年 新包装資材として登場したポリエチレン袋の生産を開始。
昭和33年 射出成形機を導入。フマキラー(株)製品の容器、キャップ類の製造を開始。
昭和35年 大下高明、フマキラー株式会社社長に就任。
昭和38年 フマキラー(株)の新製品、電気蚊取器ベープ容器の製造開始。日本国有鉄道(国鉄)新幹線工事に伴い、納入開始
昭和39年 FZパウダー精製装置およびペレタイザーを導入し、材料生産。
昭和41年 社名を変更し、大下産業株式会社とする。
中空成形機を導入し、ブロー成形を始める。
昭和43年 工場新設。
昭和49年 クリーンルームを持つ最新設備工場完成。
昭和52年 中空成形機を導入。
広島特産カキのプラスチック容器の開発に成功。
昭和53年 超高速精密射出成形機増強。
昭和54年 インフレーション成形部門増強。
クローズドループ制御射出成形機を導入し、超精密射出成形技術を強化。
昭和56年 第2工場改築。新倉庫完成。製造工程効率化を進める。
大型真空成形部門新設。
型締力500トン精密射出成形機を導入し、大型射出成形部門を強化。
昭和57年 自動インサート付クローズドループ制御竪型射出成形機およびプラグ自動成形機を導入。
試験室設置。
昭和58年 11月、大下俊明が代表取締役社長に就任。
二軸延伸ブロー部門を新設。
昭和59年 1月、第4工場および新試験室完成。
12月、新ダイワ工業株式会社との合弁会社、株式会社カセイ(資本金9,000万円)発足。
昭和61年 8月、光ファイバーによる生産管理システム導入、テスト開始。
昭和63年 東京営業所開設。
平成元年 11月、資本金5,000万円を1億7,500万円に増資。
平成5年 型締力850トン射出成形機を導入。
三井化学(株)のPE管用のPE製継手の生産委託を開始。
平成9年 型締力1,300トン射出成形機を導入し、大型射出成形部門を強化。
平成14年 ISO9001:2000(JIS Q9001:2000)の審査登録。
平成18年 インドネシアに子会社PT.OSIMO INDONESIA(資本金1億円)を創設。

すばらしいアイデアは、すばらしい環境から生まれる。
感性を磨き、発想力を育む社員寮「ブレーンズ・ハウス」。
大下産業の敷地内に建つ、若手スタッフのための社員寮。豊かな水と光を空間デザインに取り入れた、創造的な生活スペースです。頭脳と感性を心地よく刺激するこの場所から、大下産業ならではの独創的なアイデアが次々と生まれてきます。

想像力
3パーツを1パーツへ、大下産業のこだわりは、オーダーを超える。
もっと人にやさしい街づくりを。不可能の壁を超えた比類なき発想力。
スポーツの楽しみを、すべての世代へ。お客様とともに、一歩先行く製品を創造。
わずかなミスも許されない医療分野。透析患者に届けた、安心・簡単という価値。
製品分野
家庭用品
医療器具部品
自動車部品
建築・土木関連品
スポーツ用品
輸送機器部品
食品容器類
文具・教材関連品
リサイクル・廃棄物関連品
生産体制
品質とコストを両立する多彩な生産システム。
金型工場を保有し、一貫した生産体制を実現。
アジアの拠点、インドネシア工場。
大下産業の生産システム・ラインナップ
基本フローチャート
品質管理
ミスを出さない。ミスを逃がさない。
効率と価値を高める、工場完結型のモノづくり。
会社概要
会社概要
組織図
沿革
関連会社
ブレーンズ・ハウス
広島可部パークゴルフクラブ
ギャラリー
ギャラリー