快適で安心な暮らしを送るために欠かせない家庭用品。世界初の電気式蚊取り「ベープ」などで知られるフマキラーは、業界屈指の研究開発力を持つ日用品メーカーです。大下産業では昭和33年、当時最新鋭の射出成形機をいちはやく導入し、フマキラー製品の容器やキャップ類を製造開始。それ以来、時代の先端を行く数々のヒット商品の開発・製造を担ってきました。
毎日利用するものだけに、より効き目に優れ、より使いやすい製品の追求は欠かせません。例えば、エアゾールの殺虫剤。
素早く飛び回る虫に、より確実に薬剤をヒットさせる方法はないか。この問いに対して大下産業が導き出した答えが、2つの噴射口を搭載した「ダブルノズル」。噴霧範囲を大幅に拡大することにより、殺虫効果のパワーアップに成功したのです。ところが、大下産業の真価が発揮されたのは、実はここから。非常に複雑な構造を持つダブルノズルは、当初は3つのパーツで設計されていましたが、新たなハードルを自らに投げかけ、ついには1パーツ化するという離れ業を達成。この結果、大幅なコストダウン、納期短縮を実現しました。さらにその後も、廃棄の際、使い終わった容器を簡単に分別できる「エコキャップ」仕様とするなど、地球資源を利用する企業の責務として、環境面でも価値のある提案を続けています。

想像力
3パーツを1パーツへ、大下産業のこだわりは、オーダーを超える。
もっと人にやさしい街づくりを。不可能の壁を超えた比類なき発想力。
スポーツの楽しみを、すべての世代へ。お客様とともに、一歩先行く製品を創造。
わずかなミスも許されない医療分野。透析患者に届けた、安心・簡単という価値。
製品分野
家庭用品
医療器具部品
自動車部品
建築・土木関連品
スポーツ用品
輸送機器部品
食品容器類
文具・教材関連品
リサイクル・廃棄物関連品
生産体制
品質とコストを両立する多彩な生産システム。
金型工場を保有し、一貫した生産体制を実現。
アジアの拠点、インドネシア工場。
大下産業の生産システム・ラインナップ
基本フローチャート
品質管理
ミスを出さない。ミスを逃がさない。
効率と価値を高める、工場完結型のモノづくり。
会社概要
会社概要
組織図
沿革
関連会社
ブレーンズ・ハウス
広島可部パークゴルフクラブ
ギャラリー
ギャラリー