大下産業のスピリッツが貫かれているのは、もはや日本国内だけではありません。
目覚ましい発展を遂げるアジア市場でのプラスチック需要に応えるため、 2006年にはインドネシアに生産拠点を設立。
内部には、60トンから180トンまでの全11台の成形機の他、組み立てマシン、品質検査機などがズラリと並び、主に海外向け製品の製造を行っています。ハイクオリティな製品を、低コスト・スピーディに提供する大下産業は、いちだんと厳しさを増す海外の市場において、お客様企業の競争力を高めるための大きな力になっています。

想像力
3パーツを1パーツへ、大下産業のこだわりは、オーダーを超える。
もっと人にやさしい街づくりを。不可能の壁を超えた比類なき発想力。
スポーツの楽しみを、すべての世代へ。お客様とともに、一歩先行く製品を創造。
わずかなミスも許されない医療分野。透析患者に届けた、安心・簡単という価値。
製品分野
家庭用品
医療器具部品
自動車部品
建築・土木関連品
スポーツ用品
輸送機器部品
食品容器類
文具・教材関連品
リサイクル・廃棄物関連品
生産体制
品質とコストを両立する多彩な生産システム。
金型工場を保有し、一貫した生産体制を実現。
アジアの拠点、インドネシア工場。
大下産業の生産システム・ラインナップ
基本フローチャート
品質管理
ミスを出さない。ミスを逃がさない。
効率と価値を高める、工場完結型のモノづくり。
会社概要
会社概要
組織図
沿革
関連会社
ブレーンズ・ハウス
広島可部パークゴルフクラブ
ギャラリー
ギャラリー